痛風 市販薬

痛風の市販薬というと、緊急に痛みを止め、痛風の症状を楽にさせたい時に用いる消炎鎮痛剤や痛み止めの飲み薬になりますね。痛風の治療薬というのは、医師の元で処方されるものしかありません。
MENU

痛風の症状を市販薬で楽にできる?

 

 

痛風の市販薬というと、緊急に痛みを止め、痛風の症状を楽にさせたい時に用いる消炎鎮痛剤や痛み止めの飲み薬になりますね。

 

痛風の治療薬というのは、医師の元で処方されるものしかありません。

 

痛風で病院に通院していれば、痛み止めも処方されたものが常備されているでしょうが、突然、痛風発作の激痛に襲われて、すぐに病院にも行けない場合は、とりあえず市販の鎮痛剤で痛みを抑えるしか対処法がありません。

 

解熱鎮痛剤を飲み、患部を冷やして痛みをやわらげるようにして、できるだけ早く病院を受診しましょう。

 

 

 

痛風で市販薬の痛み止めを購入する際は、バファリンなどの、アスピリンを主成分とした鎮痛剤を選ばないように注意して下さい。

 

アスピリンは、尿酸値をあげてしまい、痛風の痛みを悪化させたり、長引かせてしまう恐れがあります。

 

イブやナロンエースなどは、イブプロフェンを主成分とした鎮痛剤です。これらの鎮痛剤は痛風の痛みにも安心です。

 

 

どんな成分が配合されているかは、薬局やドラッグストアでたずねると詳しく教えてもらえますので、自己判断で購入したりせず、必ず相談の上、買うようにして下さい。

 

痛風の痛みは、市販薬で完全に引くような軽いものではありませんので、一時的に楽になったとしてもできるだけ早く病院に行きましょう。

 

 

このページの先頭へ